福祉の世界での段差

福祉の世界での段差について

玄関の段差は段差解消スロープ

車いすをご利用中の方にとっては、家の前の石段や玄関の上がり框などの段差がネックとなって、なかなか外に出にくいという方も多いかと思います。デイサービスなどで送迎職員が迎えに来てくれればいいけれど、家族だけで車いすの出し入れは大変です。宅改修で緩やかな坂道をつくることもありますが、費用と時間の問題から簡単なことではありません。そんな時におすすめしたいのが、福祉用具である段差解消スロープです。折りたたみで持ち運びでき、段差の悩みを解消してくれます。詳しくは福祉用具のレンタルを行う事業所にお尋ねください。

わずかな段差が寝たきりを生む

健康で生活している間は、毎日の日常生活でいかに身体機能を活用して効率よく身体を動かしているかを自覚する事はありません。しかしながら、指一本けがをしただけでもどれだけ不便になるかを自覚します。捻挫や肉離れをすると、下肢の運動機能が制限され、普段は気づかない段差や傾斜に足を取られて転倒する場合もあります。福祉の世界では段差の解消は重要な事と考えられています。福祉施設で生活される方は身体機能が低下している人が少なくありません。ほんの1センチや数センチであっても、そこに躓いて転倒する可能性があるのです。転倒して骨折してしまえば、そのまま寝たきりになる可能性もあるのです。

福祉と段差の情報

新着情報

↑PAGE TOP